hsimyu's diary

ゲームなどをします。

7月課題図書: 新選組血風録

ようやく読み終えた。

時代小説って全然読んだことがなくて、慣れなかった。 内容としては「新選組」も一枚岩じゃなくて、色んな人がいたんだなあ、完みたいな。 不勉強かつ日本史未履修なので「おお、これがあの!」みたいな気持ちがまったく出てこなくて本当にすみませんと感じた。27 歳にもなって高校の時に未履修だったんで、って言い訳するの本当に見苦しいですね。

登場人物としては山崎さんが結構好き。善人っぽいし、死なないし(死んでるけど)。

ところでこういう時代小説に書かれていることってどれくらい事実ベースでどこからがフィクションだと受け止めればいいんでしょうか。

慣れないな―。

ムートくんの感想文はこれです。

mutoreimu.hatenablog.com


8月の課題図書は「最後にして最初のアイドル」です。

追いつくぞ~