hsimyu's diary

ゲームなどをします。

9/1 DPT-RP1は紙

7時頃起きた。

カラッとしていて風も吹いていて最高

 

家で仕事する気にならなかったので溜まっていたFeedなど消化する。

www.4gamer.net

これ面白そう

こういうのを研究したいんだおれは

 

10時ごろ研究室へ向かう。

昨日の続きを実装するぞ〜〜と思っていたらDPT-RP1が入荷したという知らせが届いた。

紙!!!!!!!

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

もうめちゃくちゃ最高

 

良い点(とりあえず半日使ってみての感想です)

  • 書き味の紙感が増した
  • ベゼルの段差が0になった(少しはあると思ってたらゼロだった)ので書類の端でも書き込める
  • ボタンとUSBケーブル差込口系が上側になった
  • 拡大していない状態でも線が綺麗
  • めちゃめちゃ細い線も引ける
  • 別の書類を左右で開いて閲覧もできるし、なんと書き込むこともできる
  • ページ切り替えが高速化した
  • ペンで囲んで範囲指定できるようになった
  • 消しゴムで消えるのが本当に速いので紙を超えた
  • ペンが消しゴムとハイライトの2ボタンになった
  • 前は大量の論文とかはBox SyncのWebDAV経由でダウンロードしたりしていたのだが、Digital Paper App経由で出来るようになった
  • しかも同期先フォルダを選択したら同期ボタンをポチーーーと押すだけで全部同期される
  • リネームとか削除が同期されない問題もなくなった

 

DPT-S1では出来たけどRP1で出来なくなった点(ファームウェア更新で対応されると信じている)

  • ピンチインでのズーム(かなしい)
  • ズーム中の移動(これ結構痛い)
  • 目次(あまり使わない)
  • Undo(かなしい)

 

これでたくさんエスペラント語を勉強します

ありがとうSonyデジタルペーパー開発部

 

RP1に感動しながらMultigrid法の復習をして、

FASベースの多段マルチグリッド化をした。

多分上手く計算できてるんだけど、子グリッドの情報を出力できていなくて可視化に反映されないので、

明日やる。

 

Multigrid判定と生成部分はまた別なのでそっちの実装も残っているが、

ほぼ終わりです

 

気持ちいい天気だな〜って歩いていたら、昨日一昨日やっていたセルベースでの色付け再現、よく考えたら計算には表面の点しか使っていないのでFaceベースで持てば十分なことに気付いてしまった。(セルは物体内部判定のみに使う)

sorya souja