hsimyu's diary

ゲームなどをします。

8/7 イカ2とFF14

昼すぎになんとか起きた。

リズム、戻していくぞ。

あたたかい十六穀米にキムチ乗せて食おうとしたら絶妙に合わなくてオエッとなった。

 

開発は1マイルストーン達成。

マイルストーンの単位ってマイルストーンでいいのか?

物体表面の電荷再分配部分をboost::numeric::ublas::matrix<double>ベースで実装したのだが、そもそもこの部分 Eigen にした方が良さそうな気分がある。逆行列解くのがないのはまあいいとしてもメンバ関数に.sum()とかすら存在しないのきつすぎる。

明日はこの部分をMPI対応する。

そのあとはobjファイルからの読み込みをやりたい。

現段階のコードでも旧コード(Fortran90)と同じだけの機能は持ったので、静電計算のバリデーションを並行してやっていきたい。

 

イカ2

くっちーと田中くんと1時間くらいナワバリした。

ボールドマーカーというのを少し使ってみたのだが、力強い塗りをしてくれる。

ただシューターとして進んでくる敵をキルしつつ塗り返したいみたいなスタイルだと、射程距離が短すぎてそもそも打ち負けてしまうことが多い。

 

ずっとNZAP使ってたのだが、塗りの弱さとスペシャルのインクアーマーがあんまり活かされることがないのでプロモデラーに変更してみたら、

塗りはいい感じだし同じ感覚でキル取れるしカーリングボムピッチャーはズルだし、かなり気に入ってしまった。

うーん、ズル!

一回 6/8 がプロモデラー持ってる試合が発生して笑ってしまった。

 

FF14

園芸師のままイシュガルドに移動して、クラスクエストをやるぞ!

と思ったら53からだよって言われたので、とりあえずイシュガルドでもリーヴをすることにした。

最近 Farming Simulator 15 → (SOLDOUT2) → Stardew Valley → FF14 と農業ゲームを続けてやっている気がする。

これは高地ドラヴァニアの拠点にいた、八の字に走り回るチョコチョコボを捉えた映像です。

 

おれが知らないうちに Idling Camara (景観カメラ /icam) ってのが実装されていたのだが、

離席状態の時とかに、近くのPCやNPCを自動的にカメラで映していってくれる機能だ。

うお〜すげ〜と思っていたのだが、更に細かくエフェクトの調整とかが出来て、

鮮やかフィルター + 画用紙風、みたいな状態にできたりする。

やばい。

グループポーズとかもそうだけど、単純にグラフィックス美しくするんじゃなくてカメラ機能を強化していくの、いいな〜と思う。

これってこのフィルターかけながら普通にプレイとかできないのか?(カメラ引くことが多いのであんまり意味なさそう)

 

高地ドラヴァニアの風脈解放してなくて52からのリーヴするの面倒だな〜と思ってたらえりゅくんが相乗りマウントで運搬してくれた。

最初PTにならないと乗れないのが分からなくて、

もたもたしたあとついに乗れた瞬間におれがアグロしてしまってすごい勢いで敵に殴られて、

上昇していくえりゅどにるの後ろからおれだけ落ちて死体がエーテライトに飛ばされたの面白かった。

 

たいや公園、見てるかたいや公園ー!

おれたちはクソワイマックスタンクが帰ってくるのを待ってるぞー!